環境!ECO戦士ソラソーラー  
 
HOMEECO戦士ソラソーラー地球が大ピンチ太陽光発電オール電化お問い合わせサイトマップ
   
   

みんなで守ろう!奈良・大阪・神戸 星が見える町

満天の星空を見たことがありますか?

満点の星空
明るい夜空
昔は上空できらめいていた星たちも現在ではどんどんその光が届かなくなってきています。
工場や車、ビル等から出る汚染物質が光害[ ひかりがい ]※を助長させているためです。「 夜空は暗いもの 」それが当たり前になっているのかも知れません。でも、本当の夜空は明るいんです。天の川を都会でも見れるように一人一人が出来ることから始めて満天の星空を取り戻そう!
※ 町のネオンや明かりが大気中の水蒸気やチリ等に反射・散乱して夜空が白明るくなり、星が見えなくなること。
あなたの町の夜空は明るいですか?

チェックシートを見るためには「 Adobe Reader 」が必要となります。お持ちでない方はお手数ですが、右バナーのサイトよりダウンロードをお願い致します。 Adobe Readerをダウンロードする


キレイな星空を見るためには?

都会にいるから星なんて見えないと諦めていませんか?ちょっとした工夫で普段よりもたくさんの星が見えるようになります!


ベストな日
星の光は地球にいる私たちの目に届く前にさまざまな物を通過してきています。
星が見えにくくなる主な原因は、月明かりと大気中の塵や水蒸気です。なので、夏の湿気の多い空気は天体観測にはあまり適していないと言えます。月の出ていない良く晴れた冬の日が、最も星が見える日です。また、大気中の塵などを取り払ってくれる強い風の吹く日や雨の翌日の晴れた日は普段より星がよく見えることもあります。

いつもよりたくさんの星を見る方法
部屋の中や庭・ベランダで観測する場合  
  部屋の明かりを消し数十秒間目を閉じるなどして、目を暗闇にならします。
エアコンなどから発せられる熱や室内外の気温の差から生まれる気流を避けるため、星を見る1〜2時間前にはそれらの電源を切り、窓を開けて十分に喚起して気温の差が出ないようにします。
外に出て観測する場合
  街灯や明るい照明などが直接目に入らないひらけた場所を選びます。街灯を手で隠すようにすると見える星が少し増えます。
大気の厚さの関係で地平線に近いところの星は光が弱くなります。逆に天頂に見える星は明るく輝いて見えるので、真上が一番見えやすいということになります。
※ 観測を行う時は犯罪等に巻き込まれないように十分注意してください。

多くの家は深夜になると明かりを消して就寝するので、その時間帯に観測すると星が見えやすくなります。また、都会に人が少なくなるお盆や正月もいつもより見えやすくなっています。
高価な望遠鏡がなくても10倍くらいの普通の双眼鏡でも肉眼で見るよりはるかに多くの星を見ることが出来ます。条件によっては都会でもうっすらと天の川を見ることが出来るかも知れません!
真っ暗な中で星図を見たりするのに懐中電灯を使ってしまうと、暗闇に慣れた瞳が開いてしまいます。対処法として、赤いセロハンをかぶせて光を弱めます。
いつもよりたくさんの星を見る方法


お出かけ星空スポット

奈良・大阪・神戸で星の見えるスポットをご紹介します!

奈良 大阪 神戸

奈良 大阪 神戸

注意 車で行く場合はヘッドライトが邪魔にならないように注意して行きましょう。降りる時にはライトを消して目がなれるまでしばらく待つと、暗くてもまわりが見えるようになります。



流星群を見よう プラネタリウムを作ろう