環境!ECO戦士ソラソーラー  
 
HOMEECO戦士ソラソーラー地球が大ピンチ太陽光発電オール電化お問い合わせサイトマップ
   
   

人類滅亡まで残り5分

世界終末時計 人類滅亡まで残り5分

世界終末時計とは、核戦争や水爆実験による人類滅亡までの時間を示す時計です。長針と 短針の重なる0時が人類滅亡の時。現在がその何分前にあたるのかを示しています。 この時計は1947年に核兵器の危険性を警告するため、シカゴ大学に設置されました。 これまで戦争や原子力爆弾の投下、水爆実験など、人類の脅威が起こるたびに分針が進め られてきました。世界終末時計の時間は2002年以来、7分前の状態を保っていましたが、2007年1月17日、北朝鮮の核実験、イランの核保有への野望、ロシアの核物質管理問題、そして・・・地球温暖化などの気候変動問題を理由に針が2分進められ、この世の終わりまで残り5分となりました。 時計が設置されて以降、戦争でも原爆・水爆でもない脅威で分針が進められたのは初めてのこと。世界終末時計は、環境問題が戦争や爆弾と同じレベルで、私達の生活や平和を脅かし、人々の命を奪う重大な問題であると警告しています。
[ この内容は2007年のものです。 2010年現在 : 6分前。オバマ大統領の核廃絶運動により1分後退。 ]



時間の推移
時間の推移



1947年   7分前  
1949年   3分前 ソ連が核実験に成功
1953年   2分前 アメリカとソ連が水爆実験に成功
1960年   7分前 アメリカとソ連の国交回復
1963年   12分前 米ソが部分的核実験禁止条約を締結
1968年   7分前 フランスと中華人民共和国が核実験に成功
中東、インドシナ、アフリカで戦禍が拡大
1969年   10分前 米国の上院が核拡散防止条約を批准
1972年   12分前 米ソがSALT IとABM条約を締結
1974年   9分前 SALT Iに続く米ソの軍縮交渉は難航 インドが最初の「平和的核爆発」に成功
1980年   7分前 米ソ間の交渉が停滞 国家主義的な地域紛争 テロリストの脅威が増大する 南北問題 イラン・イラク戦争
1981年   4分前 軍拡競争の時代へ アフガニスタン、ポーランド、南アフリカにおける人権抑圧が問題に
1984年   3分前 米ソ間の軍拡競争が激化
1988年   6分前 米ソが中距離核戦力全廃条約を締結
1990年   10分前 東欧の民主化 冷戦の終結 湾岸戦争
1991年   17分前 ソビエト連邦崩壊 ユーゴスラビア連邦解体
1995年   14分前 中国・フランスの核実験
1998年   9分前 インドとパキスタンが相次いで核兵器の保有を宣言
2002年   7分前 米国がABM条約からの脱退を宣言 テロリストによる大量破壊兵器使用の懸念が高まる
世界終末時計
イランの核開発問題 北朝鮮の核実験実施 地球温暖化





地球のSOS一覧HOME