環境!ECO戦士ソラソーラー  
 
HOMEECO戦士ソラソーラー地球が大ピンチ太陽光発電オール電化お問い合わせサイトマップ
   
   

地球を埋めつくすごみ

地球を埋めつくすごみ

わたしたちが生活している中で発生するたくさんのごみ。増え続けるごみは地球を埋めつくし、深刻な問題になっています。
まずはわたしたちの生活に深くかかわりのある一般廃棄物「家庭ごみ」
ごみの多くは燃えるゴミとして焼却されますが、焼却の過程で、ダイオキシンなどの化学物質が発生します。 焼却場を建設する際は、こうした人体に有害な化学物質が発生しにくい施設や、排ガス処理設備を設けることにより、これらの物質の排出をできる限り抑える方法がとられています。 しかし、開発途上国には満足な処理場がないところもあり、多くの廃棄物がそのまま投棄され、海洋汚染や土壌汚染が問題になっています。 また、大量生産・大量消費により、ペットボトルや紙パック、アルミ缶などの使い捨て容器が発達したことによるゴミの増加も問題となっています。 このままでは、使い捨て製品は増えつづけごみの量も増加していくと考えられます。
次に事業所や工場などから出る産業廃棄物。
産業廃棄物には、有害な物質が含まれることが多くあります。 たとえば工場排水や廃棄物の中に含まれる有機塩素系化合物の中には、人や動物の体にたまりやすいものもあり、近くの河川や海、土地を汚染したり、地下水に混じり飲料水を汚染したりします。 こうした有害物質は、自然の生態系に大きな影響を与えるだけではなく、食物連鎖により最終的には魚や肉を食べる人間にも影響をおよぼします。





地球のSOS一覧HOME