環境!ECO戦士ソラソーラー  
 
HOMEECO戦士ソラソーラー地球が大ピンチ太陽光発電オール電化お問い合わせサイトマップ
   
   

富士山の崩壊

富士山の崩壊

日本一高い山富士山は、標高が非常に高いため、南極や北極のような極地の気候や生態系が存在します。 富士山頂付近では、主にシベリアやカナダなど北極圏に存在する「永久凍土」が確認されています (永久凍土とは地中温度がセ氏零度以下で常に凍っているため、夏でも融けない土地や岩の事です)
ところが、地球温暖化の影響でこの永久凍土が急速に融け始めています。 この25年の間に永久凍土の分布域は300メートルも縮小。 更に、永久凍土が融ける事により地盤がゆるみ、富士山がどんどん崩れてきているのです。 このまま温暖化が進むと、白い雪を冠った美しい富士山の姿を二度と見ることができなくなるかもしれません。





地球のSOS一覧HOME